2016年11月13日

第85回 北カレー (スープカレー)

住所: 東京都千代田区神田小川町3-2-1 古室ビル 2F
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜21:00
定休日:月
ホームページ:https://www.facebook.com/pages/%E5%8C%97%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC-%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E7%94%BA%E5%BA%97/291045637664146

ルー+スープ=ループ?
北海道から来た北カレー


IMG_3355.jpg

☆☆昼はカレー屋。夜は…?

本日紹介するお店は北カレー。
その名の通り北は北海道をルーツに持つお店らしく、靖国通り沿いのスポーツ用品店街にあります。
階段を上った2階にあるので注意しましょう。

扉を開くと、温厚そうな店長さんが出迎えてくれます。
ちなみに昼はスープカレー店ですが、夜は串揚げとワインのお店になるのだとか。カレーも引き続き提供しているのでご心配なく。


ただこちらのお店、夜閉まる時間が読めないのでそこは注意。
食べログ等の記載情報が古いのかもしれないですが、土曜日はたぶん8時閉店が正解かなと思います。
あと、夜は閉店前にライスがなくなりがちで、何度か夜に来てフラれてしまったのでランチに訪問するのが良いと思います。


☆☆ルー+スープのループカレー

メニューには名物のループカレー「北カレー」のほか、チキンレッグの入ったスープカレーのほか、小樽カレー(焼きカレー)もありました。
ちなみにループカレーは、ラーメンスープの手法で鶏ガラ・豚骨ベースのスープと、カレーを合わせたものらしいです。
他で聞いたことのないフレーズですが、北海道では常識なんでしょうか。

さて、北カレーの特筆すべき点は、その具だくさんぷりです。
大き目の野菜が2〜3種入った一般的なスープカレーと違い、様々な野菜がたくさん入っています。
またスープカレーといえば骨付きのチキンレッグが標準的ですが、北カレーには肉類が入っておらず、大変ヘルシー。

スープカレーは熱々で、味は確かにスープカレーより、普通のカレー寄りの味わい。スパイシーながらもどこか優しさを感じる味で、中々に美味しいです。

神保町界隈には個性的なスープカレー店がいくつかありますが、北カレーもそんなオリジナリティ溢れるお店の一つ。

是非早めの時間に訪問してみてください。
posted by Magic at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

第20回 ガンディーマハル (インド料理)

住所:千代田区神田小川町1-10 ホサカビル2F
定休日:年末年始
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00

IMG_3268.jpg

ビルの2階のインド宮廷
ガンジーの家は夜がオススメ


☆☆新御茶ノ水のインド料理店

今回紹介するのは、地下鉄新御茶ノ水駅の近くにあるガンディーマハルです。

場所は小川町の交差点から坂を登っていった右側のビルの2階で、エレベーターを使う必要があるのでちょっと入りにくいかもしれません。新御茶ノ水駅からだとB3出口からすぐです。年末年始以外は無休なのが嬉しいです。

店内はインド宮廷のような内装は薄紅の煉瓦色で統一され、中々凝っています。ちなみに店名は、ガンディーの家という意味なのだそうです。

☆☆濃厚なインドカレー

こちらのカレーは全体的にグレービーを感じるというか、とても濃厚で、日本人好みだと思います。具材もしっかりしていて、本気を感じました。
また、ガンディーマハルのナンは厚みがあって香ばしく、サクサク行けて美味しいです。

IMG_3267.jpg
▲ランチのタンドリーチキン(別注文)

この店はランチもなかなか盛況なのですが、どちらかというと夜の方がお勧めです。

実はディナーはオーダーバイキングもやっています。カレーだけでなく焼き物やサモサも含めてお代わりが自由で、かなりコスパがいいです。

gandimahal2.jpg
gandimahal3.jpg
gandimahal4.jpg

▲オーダーバイキング2500円

2016.9 追記・更新

ガンディーマハル インドカレー / 小川町駅新御茶ノ水駅淡路町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by Magic at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

第74回 T.dining ティーダイニング(とんかつ)

ホームページ http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13119977/
住所: 東京都千代田区神田小川町1-6-7 竹田ビル1F
営業時間:平日 11:30〜14:30、18:00〜21:00(LO)
     土 11:30〜14:30(第1/第3のみ)
定休日:日祝・第2第4土

ブランドポークに舌鼓
とんかつ専門店の本格カツカレー


IMG_3255.jpg

☆☆裏路地のとんかつ屋

今回紹介するお店は、カレー専門店ではなくとんかつ屋さん。
場所は新御茶ノ水より小川町寄り、靖国通りの北側に平行する小道です。とんかつ屋さんにしてはきれいな店内に入ると目に付くのは大きなディスプレイ。訪問時は、サッカーの試合が流されていました。

ここは三重県・亀山の小林ファームというブランドポークを使用しているのが売りということです。カツカレーを出すお店は数あれど、豚肉の質にまでこだわるお店は、カレー専門店にはあまりないかも知れません。

メニューにはカツカレーのほか、通常のとんかつメニューに追加できる「ちょいカレー」100円と「ちょっとじゃないカレー」200円がありました。

☆☆漆黒のカツカレー

さて、お皿から溢れんばかりのボリューム感で登場した真っ黒なカツカレー。

真っ黒なカツカレーというと、神保町界隈ではキッチン南海が有名ですが、実際に食べてみるとかなり印象が違います。

具材は豚肉、にんじんやじゃがいもと家庭的ですが、しっかりとコクがあり、スパイシーでかなりの完成度。カレーグランプリ公式サイトのコメントによると、どうもカシミールが入っているようです。

ともすれば肉は美味しいけれどカレーはまぁ…となりがちなとんかつ屋が多い中、しっかりと力を入れてカレー作りに取り組んでいるのがよくわかります。当たり前というかさすがというか、トンカツとは別口に具材として入っている豚肉がちゃんと美味しいのもポイント高いですね。

ちなみに追加で豚汁も注文しました。素朴な疑問ですが、カレーと同様中身の量に比して全体的に器の大きさが小さく感じるのはお店のポリシーなんでしょうか。

豚にこだわったカツカレーを食べてみたい方は、是非訪れてみてください。特上ロースカツ+ちょいカレー、なんていう組合わせも魅力的ですね。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

第72回 茶空楽 ちゃくーら(カフェ)

ホームページ http://chacoola.sakura.ne.jp/
住所: 東京都千代田区神田司町2-2
    グランドセントラルホテル1F
営業時間:平日 7:00〜18:00(LO 17:30)
     土日祝 7:00〜10:30
※カレー提供は平日11:30〜18:00(LO17:00)のみ

ホテルに併設
くつろげる隠れ家カフェの名物カレー


IMG_3253.jpg

☆☆ゆったりスペース

神保町から神田に向かう途中にある、グランドセントラルホテルの1Fにあるこのお店。
中に入ると正面にカウンターがあり、ファーストフード店のように先注文式になっています。

お茶のカラーである緑色を基調とした店内は曲線を多用してどこか近未来的で、外見から想像できないほど広くてゆったりしており、お茶を飲みながらくつろげるスペースになっていました。

☆☆名物ヘルシーカレー

カレーはお店の名物となっているカレーセットのみ。白米と玄米を選べます。
なんでも、元々週1提供だったカレーが人気で毎日のメニューになったんだとか。

カレーには香ばしいオニオンチップ。具材は野菜だけで、素揚げのナス、ジャガイモ、カボチャが入っていました。
カレーは甘くて辛い、メリハリのきいた味わいで、どこか懐かしさを感じます。ベースはハウスかな?という印象を受けましたが、でもそのままではない、手間を感じるカレーでした。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

第67回 チャントーヤココナッツカレー(オリジナル)

オフィシャルサイト http://www.chantoya.com/
住所:東京都千代田区神田小川町3-28-7昇龍館ビル1F
営業時間:平日  11:00〜22:00(L.O.21:30)
     土日祝 11:00〜21:00(L.O.20:30)

カフェ風店内で女性に人気
レッドカレーベースのおしゃれカレー


IMG_3228.jpg

☆☆カフェ風の店内
お茶の水駅から駿河台を下りつつ、靖国通りが見えたら左手、小川町とお茶の水の間ぐらいに位置するお店。ガラス張りの明るい店内は、明るい色の木を基調としたカフェ風のおしゃれな内装で、お客さんも女性が多い印象です。

IMG_3227.jpg

メニューが豊富で、様々な具材を選べるのが特徴です。ホウレンソウやトマト、豆腐などヘルシー志向の選択肢が多いことも、明確に女性客をターゲットにしていることがよくわかります。


☆☆レッドカレーベースのココナッツカレー
「迷ったら左上」の法則の通り、今回は一番ベーシックなチャントーヤカレーを注文しました。チキン・ナス・タケノコの、標準的なタイのレッドカレーの具材です。
基本的にはココナッツベースのタイ風レッドカレーですが、作りが丁寧でなかなかおいしいです。

タイ料理店には「レッド」か「グリーン」か「イエロー」ぐらいしか選択肢がありませんが、このお店ではレッドカレーに様々な具材を合わせてアレンジが楽しめるというのが最大の売りでしょう。エスニック料理好きの女性向に、これまた女性にターゲットを絞ったヘルシーな具材をマッチングさせるという、明確な路線がうかがえます。

神保町界隈では、白山通りのヤミツキカリーよりも少し早く出店したような記憶があります。レッドカレーのアレンジということで、コンセプトがよく似た二店舗ですが、双方ともなかなか長く続いているようです。このジャンルも色々と発展していくんでしょうか。楽しみです。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

第47回 まめの木(オリジナル)

住所:神田美土代町7 クボビル1F
定休日:日曜・祝日
営業時間:11:00〜20:00

閉店しました



トッピング派?激辛派?
バラエティ豊富なスタンドカレー


mame4.jpg
▲ポークカレー+コロッケ


☆☆ 小川町エリアのスタンドカレー

最寄りは小川町駅。靖国通りから小川町交差点を一本南に入った、デニーズが目印の小道にあるスタンドタイプのカレー店。2008年OPENと比較的新しいお店で、カウンターメインですが奥にはテーブルもあります。全体的に明るくて綺麗です。

ここは一見した感じ、街でよく見るスタンドカレー。とろみのあるソースでカツやコロッケなどのトッピングを加えられるタイプのカレーがメインですが、随所にこだわりを感じられます。

☆☆ 個性豊かな三種類のカレーソース

スタンダードなポークカレーは、コクと粘度があるタイプで割と辛いです。山椒だか青唐辛子が効いている感じ。小麦粉よりタマネギでとろみを出している風のカレーで見た目よりボリュームがあります。種類豊富なトッピング類は揚げたてが嬉しいですね。

まめの木には通常のカレーの他、カシミール(辛口)・ベンガル(激辛)の二種類のソースがあり、さらにエビライスというメニューもあります。渋谷のいんでぃらにかなりメニュー構成が似ているので、関係があるのかもしれません。

mame2.jpg
▲カシミール

で、辛口のカシミール。これがなかなか特徴のあるチキンカレーです。ポットに入って出てきたのはサラサラのスープ状カレー。そこまではよくあるんですが、色が薄い。食べてみると、正体はココナッツミルクでした。南インドやスリランカのカレーに近いイメージです。後述のベンガルに劣らない辛さで、むしろココナッツ入りでこのシャープな辛さは驚き。グリーンチリの香りが強く、タイのグリーンカレーにも近い味です。これは好き嫌い分かれるかもしれませんが、グリーンカレーよりあっさりしているのでハマる人はビシッとハマりそうです。

激辛のベンガルカレーは、こちらもポットに入ったとろみの強いビーフカレー。なかなかストイックな辛さです。写真はカツをトッピング。揚げたてで美味しいです。この組み合わせはちょっと重すぎましたが……

mame1.jpg
▲ベンガルカレー+カツ

mame3.jpg
▲ベンガル拡大

他にはトッピングが変わる日替わりカレーがお得で、お客さんの多くが注文していました。ちなみにお冷やはレモン入り。

☆☆ ありそでなかったこだわりスタンドカレー

神保町周辺はこの手のスタンド系のカレー屋が少なく、ありそうで無かったタイプのお店。値段も620〜830とコストパフォーマンスもよく、万人に勧められると思います。
posted by Magic at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

第33回 RONAK -ロナーク-(インド料理)

住所:東京都千代田区神田司町2-16-10 至誠堂ビル2F
定休日:
営業時間:
ホームページ:


個性のあるカレー料理と価格で勝負


joty1.jpg

小川町駅近くの、二階にある白いインド料理屋です。
昔はJYOTIという名前でしたが、改名(独立?)したようです。
(この記事はJYOTI時代に書かれています)

店はあまり広くなく、ちょっと窮屈感がありますが、明るくて値段が安めなのがポイントです。

野菜カレーが緩めですが美味しく、チキンカレーはカルダモンが効いていて特徴のある味がしました。
エビとほうれん草のカレーはにんにくが強めですね。

カレーは全般的に個性が強くて、割と辛めだと思います。

ランチについてきたタンドリーチキンはむやみにジューシーというか水っぽくて、ちょっと加工がイマイチな感じがします。


個人的には、ここのナンが結構好きです。

カリカリで中身も固めですが、バターが効いているのか甘味があって美味しいんですね。
たまたまかもしれませんが、層になっていてちょっとミルフィーユっぽかったです。

joty2.jpg

11:00〜15:00のランチならナン・ライスのお代わりは自由なので、オススメです。
posted by Magic at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

第17回 スープカリー専門店札幌ドミニカ 神田店 (スープカレー)

閉店しました



住所:東京都千代田区神田須田町1-4-6吉川ビルB1
定休日:不明
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00
ホームページ:http://www.k5.dion.ne.jp/~dominika/index.htm(本店)
http://www.s-curry-dominica.com/ (工事中?)


行列のできる札幌の名店
選べる3種のスープカレー


dominica.jpg

dominica2.jpg
▲黄色+チキン9倍、フィッシュフライ


今回紹介するのは札幌ドミニカ。北海道では行列ができるという有名店で、神田の街にやってきたのは2007年の1月と、かなり新しいカレー店。場所は神保町からは結構遠く、小川町・淡路町の駅の近くです。


地下へ続く階段を下り、赤く塗られた入り口を入っていくと、店内ははレンガと木をベースに内装も凝っていて、なかなかオシャレな造りになっています。カウンターが数席と、木製のテーブルで構成されています。

この辺りでは珍しいスープカレーのお店なんですが、そもそもスープカレーとは何なんでしょうか。

定義は曖昧ですが、発祥は札幌で、最初に「スープカレー」を名乗ったのは札幌の老舗マジックスパイスだと言われています。よく誤解されるのは「水分の多いカレーがスープカレー」という解釈です。上野のデリーのカシミールを始め、神保町周辺だとトプカ、あるいはメーヤウのポークあたりが確かにスープ状ですが、これらは決して所謂スープカレーではありません。

スープカレーのお店を何軒か回ると、傾向が見えてきます。一般にはどんぶりのように深い器に、大きな具と一緒にスパイスを入れ込んだスープが入った状態でカレーが出てきます。なお、スープとライスは大抵別盛りです。最初から同じ器に入ってると、カレー雑炊になっちゃいますから。

食べ方は自由ですが、スプーンですくったライスをスープに浸して食べるのが一つの流儀になっています。これも、ライスがスープを吸い過ぎないようにと考えられた知恵でしょう。


スープカレー論はここまでにして、ドミニカのカレーの紹介に移りましょう。

ここのカレーは注文方式が変わっています。

1.まずベースのカレーを原点の黄色、情熱の赤(トマト)、漆黒の黒(とんこつ)の3種類から選びます。

2.続いてテイスト(メインの具)をチキン・野菜・トントロ・ポークから選択。

3.辛さを選択します。5倍までは無料で、10倍まで上げることができます。

4.10種類以上の多彩なトッピングを選べます。お店のオススメは納豆ギョウザ、とろーりチーズだそうです。


ライスは固めに炊かれたターメリックライス。スープカレーはライスを浸して食べるので、ある程度固めの方が美味しいのです。

カレーは選んだ具材によって変わるようですが、大きめに切られたブロッコリー、人参、半熟ゆで卵、ヤングコーン、変わり種としてはフライドポテトなどが入っていて、食べ応えがあります。チキンも柔らかくて美味しいです。


夜は充実したおつまみを肴に、ビールやカクテルなどのお酒も飲めます。地下の雰囲気は落ち着いているので、普通に飲みに来るのも悪くないと思います。


写真は「黄色、チキンの辛さ9倍、フィッシュフライをトッピング」で注文したカレーなんですが…

すいません、辛さ9は相当辛いです。エチオピアの70倍すら可愛く感じます。

黄色を注文したのに、真っ赤っかです。意識がもうろうとするぐらい辛くなるので、この店では相当辛いモノに強い方でも、最初は多少控えめにしたほうがいいと思います。


posted by Magic at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

第12回 トプカ(インド風・欧風)

住所:東京都千代田区神田須田町1-11
定休日:無休
営業時間:平日 11:00〜15:30、17:30〜22:30
     土日祝 11:30〜18:00
ホームページ:http://www.topca.co.jp/

カレーと飲み屋の二毛作?
兄弟が生んだ、隙のない完成度のカレー


topca.jpg
▲ムルギーカレー(850円)

今日紹介するのは、淡路町の名店・トプカです。JRだと、秋葉原か神田からが行きやすいでしょう。

ここを神保町と呼んで良いのかはかなり微妙ですが、何とか歩いて行けなくもないです。神保町駅からだと靖国通りを秋葉原方面に向かって延々と歩いて行った左手にあるのですが…詳しくは地図をご覧ください。老舗のそば屋「神田まつや」の並びです。

昼はカレー専門店ですが、夜はカレーも食べられる居酒屋になります。マグロのぶつが美味しいですよ。
こういう業態は神保町の櫓(やぐら)に似ていますね。まぁ、あそこほどロコツに赤提灯っぽくもないですが。

ホームページによると、トプカの店名の由来は「Top quority of Curry」だそうです。

昼のカレーの場合は前払い制で、店内はテーブル数席と壁向きのカウンター席がいくつか。
ちょっとごちゃっとした感じの作りで、昼も夜もにぎわっています。


トプカのメニューには、欧風カレーとインドカレーの二種類があります。私が注文したことがあるのはインドカレーだけです。
インドカレーにはムルギー(チキン)、ポーク、マトン、ムルギーダルカレー(チキンと豆)などがありますが、どれもとにかく完成度が高いんです。

ムルギーとポークは、赤いサラサラなスープ状のカレーに、よく煮込まれた鶏もも肉もしくは豚バラ肉、大きめの野菜類が入っていて、島のように盛られたライスがカレーの海に浮いています。ニンニクの効いたスープはコクがあり、何とも深い味わいで中毒性があります。具から言っても純インド式ではなく、日本におけるインドカレーが追求された、まさに職人芸のようなカレーです。

ちなみにムルギーやポークは、注文する時に「辛いけど大丈夫ですか?」と聞かれます。確かにかなりの辛さだと思いますが、これがまたヤミツキになるんです。


一方マトンカレーは黒くてやや粘度があるスパイシーで濃厚なカレーに、生タマネギを添えて出てきます。「これがマトンか?」と思えるほど臭みもなくて食べやすく、柔らかく調理されています。

ここのカレーはそれぞれのカレーの作り方を変えていることで、味が全然違うんですね。私も全部試すのにあとどれぐらいかかるんだろうという感じです。いっつもムルギーなので。。

トプカはテレビなんかにもよく紹介される有名店で、「どっちの料理ショー」にはカツカレーが出ていたそうです。ホント、底知れないなぁ。


なお、姉妹店が池袋のサンシャイン60にも入っています。昔はトプカベスカという名前だったと思いますが、トプカに統一されたようです。

横浜カレーミュージアムに出店していましたし、味だけでなくビジネスにも積極的のようです。『神様カレー』によると、トプカは兄弟でやっていて、兄が経営、弟がカレー作りを担当しているんだとか。そういう分業もありなんですねぇ。

神保町周辺でもトップクラスのカレーを出すお店です。かなりオススメ!

トプカ神田本店 淡路町本店インドカレー / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


posted by Magic at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする