2016年09月27日

第75回 エスペリア(ダイニングカフェ)

ホームページ http://www.esuperia.co.jp/
住所: 東京都千代田区神田神保町2-4 太平電業ビルB1
営業時間:平日 11:00-15:00 (L.O 14:30)、17:00-23:00 (L.O 22:30)
     土曜 11:30-15:00 (L.O 14:30)、15:00-21:00 (L.O-20:30)
定休日:日祝、年末年始
※カレーはランチのみ

地下に広がるダイニング
ランチ限定のふわとろオムライス


IMG_3257.jpg

☆☆実は老舗のダイニングバー

今回紹介するエスペリアは、靖国通り沿い、専大通りに近いダイニングバーで、入り口は階段を下りた地下にあります。神保町駅からはA2出口からすぐ。ちなみに靖国通りに並行する一本北の小道からも入ることができます。

店内はパーティやブライダルにも対応できるほど広く、たくさんのテーブル席のほか個室もあり、合わせて160席もあるそう。ゆったりとくつろげる雰囲気です。実はこのお店、1972年創業の老舗で、もともとは駿河台にあったのが2002年にこちらに移転してきたそうです。

お店は多国籍料理のダイニングバーで、私が訪問した夏季は沖縄フェアを開催していました。

☆☆名物オムカレー

こちらはカレーの提供ははランチのみとのこと。創業当時からの名物メニューであるビーフカレーを使ったオムカレーが名物らしいので、注文してみました。

オムカレーを出すお店はときどき見かけるし、私も時々似たようなものを作ってみたりはするのですが、、実はオムカレーというのは中々に難しい料理だと思っています。

本来「カレーライス」というのはライスとカレーが混然となるところに、単純なカレー+ライス以上の美味しさが生まれていると思うんですが、オムカレーの場合は卵を間に挟むことでこれが分離されてしまんですね。そうすると、カレー+卵と、卵+ライスみたいな状態が口の中に出来上がってしまって、まとまりのなさが気になってしまう。

というわけであまりオムカレーには期待しないことが多いんですが、こちらのオムカレーは食べてみて完成度が高いと思いました。やりおるなエスペリア。

オムライスの卵はふわふわで、中はチキンライス。そしてとろみのついた欧風カレーはカレー粉をローストしてあるんでしょうか。個性的な香ばしさが卵に負けない。具材のビーフもおいしい。全体としてしっかり「オムカレー」としてまとまっていて、分裂感は全く感じさせません。非常に満足感を感じる一品に仕上がっていました。

ランチ限定ではありますが、オム好きにもカレー好きにもお勧めです。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442167240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック