2016年09月15日

第69回 豚バル ピッグテイル(ダイニングバー)

住所:東京都千代田区神田小川町3-10-3 振天堂ビル3F
営業時間:月〜金 11:30〜15:00(L.O14:30)、18:05〜24:00(L.O23:30)
     土日 18:05〜24:00(L.O23:30)


気分は開拓時代のアメリカ西部
豚料理専門店の豚カレー


☆☆ウェスタンな店内
今回紹介するお店は、豚バルピッグテイル。ランチ営業もしていますが、せっかくの「豚バル」なので夜お邪魔することにしました。

お店の場所は分かりにくいのですが、駿河台の下、Cafe HINATA-YAと同じビルに入っています。HINATA-YAの場合はエレベーターを使ったほうがいいですが、たぶんこのお店は普通に階段を昇っていく方が早いと思われます。

IMG_3237.jpg

店内は御覧のように牛の角なんかが飾られていて、開拓者時代のアメリカ西部をイメージしています。

IMG_3232.jpg

ハウスワインもちゃんとおいしいです。

IMG_3233.jpg
切り出しの生ハム。口の中で脂が溶ける、高品質な生ハムが一皿なんと500円。これはかなりコスパ良いです。

☆☆豚専門店の豚カレー
ブランド豚「富士ヶ嶺ポーク」を売りにしている豚専門店ということで、豚肉がおいしいお店です。

IMG_3234.jpg
お店の看板商品、ローストポーク。フォークが止まらない。

IMG_3235.jpg

カレーのメニューは豊富で、フォアグラカレーなどもあったのですが、今回はベーシックな「黒ビール豚カレー」を注文。出てきたのは、カレーの海に浮かぶ小島のようなライス、といった風貌のカレーライス。

メイン具材の豚は、煮込んだタイプではなく、ソテーされたタイプ。豚にこだわりがあるので、ポークカレーも当然美味しいです。ここまで豚力のあるポークカレーはあまりないですね。「揚げてないカツカレー」という印象を受けました。
カレー自体は使われている黒ビールの影響か、ややとろみのついた、コクのあるカレーです。

豚がおいしかったので、ほかの料理も試してみたくなりました。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。