2016年09月04日

神田カレーグランプリ2016 スタンプラリーその6 Dコース

スタンプラリーも13日目。全日程の1割を過ぎました。
今回は4つのコース最後の1つ、Dコースの特徴をご紹介します。

☆☆Dコース(秋葉原〜神田・大手町エリア)
・ハンバーグレストラン牛舎 
・秋葉原カリガリ
・ジャンカレー
・ベンガル
・東京スタミナカレー365
・カフェ&和酒 N3331
・トプカ
・スープカレー米KURA
・日乃屋カレー神田 ※土日休
・EUSA(エウサ) ※土日休
・クリスティ ※土日休
・OCEANbreeze(オーシャンブリーズ)
・もじ麺や
・CoCo壱番屋 神田駅西口店
・欧風カレーボンディ 大手町店
・100時間カレーB&R 神田店
・ザ・タンドール
・みんなの食堂
・ビアレストランかまくら橋
・Lotus鎌倉橋
・caiman table(カイマンテーブル) ※平日ランチのみ

<特徴>
・神保町から離れた地域のお店のみで構成されている
・複数の駅にまたがるため全てを徒歩圏に収められない
・日曜日に営業している店舗が多い
・平日ランチ限定や、ディナー限定の店舗がない
・非カレー専門店の数が多い
・インド料理やタイ料理の店舗が少ない

<向いている人>
・神保町周辺へのアクセスが悪いエリアを拠点としている人
・夜や休日をメインにスタンプを集め切りたい人
・カレー専門店以外のお店も開拓したい人

Dコースは、全コース中もっとも異色のコースかもしれません。何しろ、神保町からふらっと歩いて行けるお店がほぼ皆無です。
今回の企画は神保町に限らずあくまで「神田カレーグランプリ」のため、神田駅周辺はもちろんのこと、住所が「外神田」である秋葉原周辺もカバーしているのでしょう。トプカやベンガルなどの老舗有名店も名を連ねています。

さて、Dコースの特徴はというと、まずは立地でしょうか。Aコースのように広い範囲に広がっているため、勤め人の場合はすべてを徒歩で回るのは難しいでしょう。
お店のラインナップはエスニック専門店が揃うAコースとは逆に、タイ料理やインド料理のお店は少ないです。BARやカフェ、洋食専門店など非カレー屋の割合が半数以上を占めており、ある意味でマニアック。非カレー店が多い影響か、日曜日に営業しているお店数が11店舗と、全コースでトップです。これはつまり、神保町周辺に拠点がなくとも、休みの日に回ることでスタンプを集めやすいということです。

神保町周辺はとにかく日曜日に閉まっている店が多く、いかに日曜日に開いている店を効率よく回るかがマイスターを狙う上で重要になっています。
A〜Cコースの日曜日OPEN率は約41%。これに対して、Dコースは57%と、1.5倍近いのです。

平日ランチ限定営業のお店もなく、平日限定のお店であっても20時までは営業しているため、全コース中もっとも広い範囲の参加者にチャンスがあるコースと言えそうです。

2016.9.11追記
と思ったんですが、カイマンテーブルが平日ランチのみに変わっていました。俄然難易度UPです。
posted by Magic at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーグランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441619759
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック