2016年09月02日

神田カレーグランプリ2016 スタンプラリーその4 Bコース

前回に引き続き、Bコースの特徴をご紹介します。

☆☆Bコース(神保町〜駿河台エリア)

シンガポールレストラン マカン
仙臺(せんだい)
マンダラ
ガヴィアル
J.TippleBar ※夜のみ営業
カレー屋ばんび
スマトラカレー共栄堂
神保町チャボ
神保町ティーヌン
インドカレーカーマ
ユニーク
オオドリー<鴻>本店 ※平日ランチのみ
エチオピア
マルゴ丸の内 ※ランチのみ。東京駅が最寄り
豚バル ピッグテイル
ビストロべっぴん舎
cafe HINATA-YA
SPICE KITCHEN 3
キッチン・カロリー
一茶一会 ※ランチのみ営業
お茶の水NARU ※月曜ランチのみ営業

<特徴>
・神保町交差点周辺にほとんどの店が集まっているメインコース
・平日ランチ限定やディナー限定店、丸の内の店舗などのレア店が多く、スタンプ集めの難易度は高い
・土曜の営業店が多い

<向いている人>
・神保町に徒歩圏の場所に拠点がある人
・老舗のカレーを味わいたい人
・スタンプコンプリートにこだわらない人
・土曜日によく神保町に遊びに来る人

Bコースは神保町駅周辺をエリアとする、今回のスタンプラリーのメインコースです。
共栄堂やマンダラ、エチオピア、ガヴィアルなど多くの有名店を擁する層の厚い安定したラインナップで、初心者にもお勧めしたいところです。

ただ、スタンプを集め切るという観点で言えば、神保町周辺に平日の拠点がない場合、もしかすると4コース中最難関かもしれません。平日ランチのみカレー提供のオオドリー(本店)と、ランチ限定でさらに何故か東京丸の内に位置するマルゴ。そして全83店舗中一番の難関、月曜ランチ限定※のNARUが含まれているからです。(※開催期間中9/19と10/10の祝日はランチにカレー提供)

※9/6追記:マルゴは土日祝もランチにてカレー提供になっていました

神保町に職場や学校などの拠点がある人ならば、丸の内のマルゴを何とかできればランチだけでかなりのお店を消化できるので、狙い目です。一方それ以外の人にとっては、上記の理由から苦戦は避けられないと思われます。救いとしては上記3店舗以外は全て土曜営業をしているので、ビジターは土曜日に勝負をかけましょう。

スタンプ集めは大変ですが、Bコースはやはり強豪ひしめく王道コース。「神保町のカレーを食べに行こう」と人を連れて行くにはもってこいのお店が揃っています。そういう楽しみも込みで挑戦してみるのもアリかもしれませんね。
posted by Magic at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーグランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック