2016年08月31日

神田カレーグランプリ2016 スタンプラリーその2

スタンプラリーも開始から1週間を迎えました。
今から初めてもまだまだ間に合いますが、いざ始めようとすると、どこから回ればいいのかが気になると思います。

というわけで今回からはスタンプラリーに設定された4つのコースについて、傾向と対策をご紹介したいと思います。

☆☆コースを制するものはマイスターを制す?

実は私、スタンプラリーに参加するのは今年が初めてなのですが、4コース制になったのは今年からのようですね。今年のカレーマイスターは、全83店舗中、1コース21(or 20)店舗のスタンプ獲得で取得できることになります。

この4つのコース、よく見ると適当にお店が割り振られているわけではなく、企画の段階で様々な検討がなされて設定されているようです。そして結果的に参加者の好みやライフスタイルによって、挑戦するコースの向き不向きがはっきり分かれます。

グランドマイスターを目指す分にはあまりコースの差異を意識する必要はない(というか意識していても仕方がない)ですが。。

☆☆4コースのエリア分布

論より証拠、まずは公式サイトの地図をご覧ください。一目瞭然です。

map.jpg

一部重なっているエリアや例外的な立地はあるものの、おおむね以下のような区分けになっているようです。
Aコース:神保町の北および西方面(九段下や水道橋、飯田橋付近まで)
Bコース:神保町周辺
Cコース:神保町の東方面(新御茶ノ水・小川町・淡路町付近まで)
Dコース:秋葉原から神田・大手町と南北に広がっている

というわけで、まずは通っている職場や学校が近いなど通いやすいコースを攻めるというのが基本戦術になるかと思います。

ただ、実際には水道橋周辺で働いているからと言って、Aコースの全てのお店にランチタイム1時間の間にを徒歩でカレーを食べて帰ってこられるかというと、不可能です。

これは全てのコースに言えることですが、100日の間にスタンプを全て集めようとすると、普通の土日休みのサラリーマンの方には営業時間や立地などで無理のあるお店がでてきます。例えば平日ランチ限定なのに徒歩圏でない場合、休日でリカバリーすることもままなりません。

これらの難しさは、実は選んだコースによって差があります。

恐らく元々スタンプラリー協力店をエリアで4つのコースに区切った後、姉妹店やエリア外のお店などの割振りを微調整した結果今のお店の組合わせが生まれたのだと思いますが、その結果営業日や営業時間、営業形態に偏りが出ることになったのではないかと。

というわけで、次回は実際に4つのコースにそれぞれどういった傾向があるのかを詳しく見ていきます。
posted by Magic at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーグランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441492815
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック