2016年09月06日

第65回 ホットカレー777 トリプルセブン(オリジナル)

住所:千代田区三崎町 3-1-8
営業時間:平日  11:30-14:30
定休日: 土日祝・年末年始

コクがあるのにキレッキレ
腹が立つほど辛い大阪のカレー


☆☆平日ランチ限定

IMG_3225.jpg

九段下から神保町方面に向かい、日本橋側にかかる俎橋(まないたばし)を渡ってひたすら北上。または水道橋から神保町方面に向かった場所にある、カジノ風のちょっと派手な外観のカレー店。その名も777(トリプルセブン)。『腹が立つほど辛いのに、どうしてこんなにウマいんだ!?』のキャッチが輝いています。

カレー専門店ですが、営業は月曜から金曜のランチのみ。この周辺で働いているか、学校が近くないとなかなかご縁がないかもしれません。小さいテーブル席がいくつかとカウンターがメインのお店です。

☆☆腹が立つほど辛いカレー

IMG_3226.jpg

このお店、カレーの注文が独特で、次の4つのSTEPに従って指定します。
STEP1:盛り(普通盛り or 大盛り)
STEP2:肉トッピング(鶏肉150円 or 牛肉200円)
STEP3:煮汁(鶏煮汁 or 牛煮汁)
STEP4:辛さ(大辛 or 中辛 or 小辛 or マイルド)

今回は、牛肉+牛煮汁の大辛を注文してみました。
とろみのある欧風カレーに、煮込んだ牛肉が乗っています。

特徴はお店のキャッチフレーズにもあるように、その辛さ。

看板メニューでもある4段階のMAXは、正直食べ始めは「言うほどでもないかな…?」という感じですが、徐々にダメージが蓄積。半分ぐらい食べた当たりでお店のキャッチフレーズ通り、腹がたつほど辛く感じられてきます。

普通これぐらいの辛さになるとかなり唐辛子の風味が勝ってしまうことが多いのですが、このカレーは確かにコクや旨味もキープしており、ツラいですが最後まで美味しく食べられます。これは結構はまる人いるんじゃないでしょうか。


☆☆東京に再現した伝説の激辛カレー

どうも調べてみると、こちのお店は今はなき大阪南森町の「ハチ」という激辛カレー専門店をモデルにしていて、店名の7(ナナ)もそのお店にちなんでいるようです。箸休め?ならぬスプーン休めの自家製の人参ピクルスが嬉しいですが、これもハチからの流れのようです。

大阪のカレーは独自路線のオリジナルカレーが多くて私も隙あらば挑戦したいのですが、旅行や出張などの機会がないと中々出会えないのも事実です。こういった形で東京進出してくれるのは嬉しいですね。

もう少し通いやすい時間帯に営業してくれると助かるのですけど。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441482971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック