2016年09月15日

第28回 ボンディ 小川町店 (欧風)

住所:千代田区神田小川町3-9 第3アゼリアビル2F
定休日:日曜
営業時間:11:00〜21:45(L.O. 21:15)
ホームページ:http://www.bondy.co.jp/

グランプリ獲得で知名度UP
欧風カレーの雄、もうひとつのボンディ


IMG_3238.jpg
▲チキンカレー(1480円)

bondy-ogawa2.jpg
▲ビーフカレー(1480円)

☆☆もう一つのボンディ

神保町周辺に欧風カレーの雄・ボンディがあるのは有名ですが、実は2店舗あります。
靖国通りの裏側で、三井ビルを渡った場所にあるのですが、説明は難しいので地図でご確認ください。

個人的に、昔は「マイナーな方のボンディ」と呼んで(失礼)穴場的な使い方をしていたのですが、カレーグランプリで優勝してからはこちらもお客さんが増えてなかなか入れなくなりました。

ちなみに本店の紹介はこちら。

http://kanda-curry.seesaa.net/article/36390552.html

小川町店は本店に比べるとちょっと狭いんですが、その分新しくて綺麗だし窓もあって開放的です。

とはいえ本店同様、昼時はなかなかの盛況。困ったのはお値段で、本店同様カレー一杯1480円(2016.9現在)。中々普段使いとはいかないですね。


☆☆ザ・欧風カレー
ボンディ自体の感想は本店でも書きましたが、やはり濃厚で美味しいです。じゃがいもが供されるのも一緒。ヨーロッパ風の味付けをした、日本人の味覚にマッチするカレー。似た味の店は多いですが、ボンディ越えは中々難しいようです。

bondi4.jpg
▲ポークカレー(1480円)


☆☆神田カレーグランプリ優勝
グランプリを勝ち取ったといういわくつきのチキンカレーが、小川町店の看板商品になっているようです。

チキンカレーのチキンは、煮込み系のビーフやポークと違い、表面をカリカリに焼いたものになっています。印象としては、フライドチキンカレー?と思うぐらいぐらいです。唐揚げカレーがおいしくないはずはなく、それをボンディのカレーで食べられるというのはまさに贅沢の極みといえるのかもしれません。

さて、ここでは本店との違いを違いをいくつか。

お店は本店ほどは混まないので、時間帯さえ間違えなければフラっと入るには狙い目ではあります。フラっと入るにはちょっと値段が高いですけど。。

また接客が徹底されていて、店員がとても礼儀正しいです。こちらが恐縮してしまうほどに。ある意味で殿様商売の本店とは対照的かも知れません。(別に本店の接客が悪いというわけではないです)

店の雰囲気もいいので女性客も多いですよ。

2016.9追記・更新

ボンディ 神田小川町店欧風カレー / 神保町駅小川町駅新御茶ノ水駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


posted by Magic at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39951619
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック