2016年09月29日

第21回 ティーヌン神保町店 (タイ料理)

住所:東京都千代田区神田神保町1-6樋谷ビルB1
定休日:日曜
営業時間:平日 11:30〜23:00(L.O.22:00) 
     祝日 12:00〜22:00(L.O.21:00) 
ホームページ:http://www.tinun.jp/index.html
       http://tinunjinbocho.blogspot.jp/

地下に広がるアジアン屋台
豊富な激辛タイ料理はかなりの本格派


IMG_3266.jpg

☆☆ローカル感あふれるたたずまい

今回紹介するのは、靖国通り沿いのタイ料理店、ティーヌン。

昔は高田馬場の早稲田通りにあったんですが、今はチェーン展開してあちこちに店ができています。神保町店は、フランチャイズ店となっています。

トムヤムクンのスープをベースにした、オリジナルのトムヤムラーメンが名物ですが、他にもタイ風カレーやパッタイ(焼きそば)、ガパオ(ひき肉バジル炒めご飯)など一般的なタイ料理は大抵ここで食べられます。

場所は神保町A5出口を出て靖国通りを小川町方面へ。共栄堂のすぐ近くの地下に入り口があります。

中に入ると、いかにもアジアの屋台風な活気溢れる雰囲気が漂います。
カウンターがメインで、テーブル席も相当数用意されています。ちょっと狭いですが、それも含めてタイっぽいと言えるでしょう。

☆☆豊富なタイフード

IMG_3262.jpg
▲シンハービール

ランチもにぎやかですが、夜の方がいろいろな料理とお酒を屋台気分で楽しめるのでオススメです。
定番の空芯菜炒めなどのタイ料理定番メニューのほか、トムヤムクンのスープを使ったトムヤム水餃子などオリジナルメニューまで、色々選べて楽しいです。

IMG_3263.jpg
▲空芯菜炒め

IMG_3265.jpg
▲トムヤム水餃子

お勧めは、トートマンプラー(魚のすり身揚げ)、トートマンクン(エビのすり身揚げ)のセット。リーズナブルです。

IMG_3264.jpg


☆☆本格タイカレー

tinun.jpg
▲レッドカレー(780円)

さて、カレーの紹介を。ここのカレーはレッドとグリーン。どちらもチキンとタケノコが沢山入った、ココナッツミルクの効いたカレーです。

味は全体的に濃く、そしてタイ料理のご多分に漏れず辛いです。一説には、世界で一番辛いのはタイ料理なんだそうです。ライスもタイ米を使っていてアジアンテイストたっぷりです。

テーブルにはタイの屋台でお馴染みの薬味が揃っています。砂糖、唐辛子、プリックナンプラー(唐辛子いりの魚醤)、酢でしょうか。お好みですが、ここのカレーにはちょっとナンプラーを垂らした方が味にしまりがでて美味しいと思います。

他にもシーフードや肉類を具材に、甘めのソースを使ったカレーも数種類あり、辛い食べ物が苦手な方はこちらの方が食べやすいかも知れません。卵とカニをカレー粉で炒めたプーパッポンカリーもあります。

逆に、激辛好きな方はガイガパオラーカオ(鶏肉のバジル炒めご飯)を注文してください。かな〜り辛いですが、注文すればさらに辛くすることもできます。これははまるとヤミツキになりますよ。

このお店の特徴としては、女性客が多いことでしょうか。カウンターに座って黙々と激辛料理を口に運ぶ女性たちを見ていると、不思議な気持ちになります。

なお、トレードマークになっている「ラーメン食べてるムエタイ選手」の名前は、Mr.トムヤムだそうです。

2016.9 追記・更新

ティーヌン 神保町店タイ料理 / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by Magic at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ティーヌン@池袋
Excerpt: 何年かぶりにトムヤムクンラーメンが食べたくなり 池袋にあるティーヌンに行ってきました 初めての時は、パクチーが苦手だったけど何回か食べるうちに もし無かったら物足りないんだろうなーと思うくらい好..
Weblog: 伏龍庵
Tracked: 2007-03-25 14:44