2007年03月16日

第18回 KANCHANA〜カンチャナ〜(スリランカカレー)

閉店してました



住所:千代田区九段南1-4-2
定休日:日曜・祝日
営業時間:平日 11:30〜21:00
     土曜 12:00〜14;30

九段の小道に隠れた黄金
具材にこだわるスリランカカレー


kanchana1.jpg

kanchana2.jpg
▲ベントタ風チキンカレー(ランチ950円)




今回紹介するのは、都内でも比較的珍しいスリランカカレーのお店です。

スリランカはインドの隣にあるセイロン島の国で、やはりカレーを食べるようです。
スリランカカレーとしては新宿のコートロッジなんかが有名でしょうか。あの店は結構好きで、西新宿の仕事が多いこともあって何度か行きました。

カンチャナの最寄りは九段下駅ですが、神保町のA1出口からでも数分の距離です。
ちなみにカンチャナとは、「黄金」という意味らしいです。

場所がちょっと分かりにくいのですが、神保町から靖国通りを歩いて橋を渡り、九段下駅の手前の小道を左に入ったところにあります。


店内は昔ながらの喫茶店風の落ち着いた雰囲気で、カウンターも奥の方にありますがほぼテーブル席です。店のおばちゃんが家庭的で、感じの良い方です。


それぞれソースが異なるカレーは、2種類のチキン(辛口のベントタ風、カシューナッツ入りのコロンボ風)、マトン、野菜(具材は日替わりで、ココナッツ入り)、えび、フィッシュ、豆、ポークがあるようです。どれも具材の質にこだわっているらしく、チキンは大山地鶏を使用しています。野菜カレーに人気があるようです。

通常はライスが付くのですが、ナンも選べます。フォッカチオをカリカリにしたようなパンが出てきますが、これはこれで美味しいです。

ただ、ここの水分の多いカレーにはライスの方が合うと思います。


今回はベントタ風チキンカレーを注文。こげ茶色のスープ状のカレーが底の深い器に入って出てきます。これ、スープカレーの原型という話もあります。


サラサラのベントタ風カレーは結構辛く、スリランカ特有の風味があります。どのスパイスが「スリランカカレーっぽさ」を出すのかよく分からないのですが、新宿のコートロッジも似た風味があります。スリランカでは「モルジブフィッシュ」という鰹節ライクなものや、梅干しに近いものがあるらしいので、その辺りの材料なのかも知れません。

スパイスが粗びきで多少舌にザラっと来るのが特徴ですが、これはこれで私は好きです。チキンは大山地鶏の骨付きで、スプーンでカンタンに身がほぐれる柔らかさです。

kanchana4.jpg
▲コロンボ風チキンカレー ハーフライス+Sナン(しめて1100円)

もう一つのチキンカレー、コロンボ風チキンカレーはこれにカシューナッツが加わり、マイルドになったような感じです。

ライスは固めで、スープ状のカレーとよく合います。カレーもライスも量がかなり多いので、うかつに大盛りにするのはキケンです。

ランチタイムはカルダモンの効いたチャイが100円になるのも嬉しいです。スリランカは紅茶の名産地なので、チャイは得意分野です。

ちなみに夜になると150円増しになるので、ランチタイムがオススメだと思います。ピークを外せば空いているので。

神保町でも珍しいスリランカカレー。普通のカレーが飽きた方、ちょっと変わったカレーを食べてみたい方にオススメです。美味しいですよ。

カンチャナ スリランカ料理 / 九段下駅神保町駅竹橋駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0

posted by Magic at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 九段下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。