2007年03月12日

第15回 ガネーシャ ガルお茶の水店(インド料理)

閉店してました



住所:東京都千代田区神田小川町3-11-2 B-105
定休日:日曜
営業時間:平日 11:00〜14:30(L.O14:00)、17:00〜22:00(L.O.22:00)
     土祝 11:00〜16:00、18:00〜22:00

コストパフォーマンス抜群!
夜がオススメの、隠れ家的インド料理店


ganeshagal.jpg
▲ガネーシャ・ターリー(1500円)とタンドリーチキン(400円)


駿河台下にある吉野家の脇道を入っていった辺り、靖国通りの一本奥のちょっと分かりにくい区画の半地下にある、比較的新しめのインド料理屋です。

元々西荻窪のお店で、このお茶の水店は2号店に当たるんだそうです。
ガネーシャ・ガルとはガネーシャの家という意味とのことです。ガネーシャはインドで人気の商売繁盛を司る神様で、人間の身体に象の顔を持っています。

この近辺のインド料理店にしては割安で、特にランチはセットで700円台からと、コストパフォーマンスが良いです。夜もマンダラや、最近近くに引っ越してきたムガールマハールなんかと比べたら入りやすいですよ。

今回はディナーで、店名を冠した「ガネーシャターリー」とタンドリーチキンを注文。
カレー三種とナン、白いライス、サラダが付いてきます。

このお店、インド料理店では珍しく、タンドゥール料理が含まれたターリー(大皿のセットメニュー)がないのです。カレーも選べないので、コダワリのある方は個別注文の方が良いと思います。メニューに載っているカレー自体の種類は結構多いので。

カレーはサグチキン、キーマ、野菜の三種類。全体的に、マイルドで優しい味です。クセもあまり無く、食べやすいカレーだと思います。

ナンは薄目で、甘いです。ここはこの、ビヨーンと長いナンが特徴。これも美味しい。土祝のランチは、このナンが食べ放題になります。

ganeshagal4.jpg
▲ちょっと変わったナンもあります


タンドリーチキンはオーブンでしょうか。味付けも胡椒が効いているようで、赤みも控えめ。ちょっと変わった味付けですね。これはこれで美味しいです。

全体的にマイルド系ですが、付け合わせのアチャールなんかは結構辛いです。カレーも言えば辛くしてくれるので、辛党も心配無用です。


夜は落ち着いた雰囲気で、チキンマサラなどおつまみ向きの料理やオリジナルカクテルも色々あって、少人数で飲みに来るのに向いてます。

ganeshagal5.jpg
▲チキンティッカマサラ(714円)

あとオススメはビリヤニ。カレーピラフみたいな物ですが、ここのビリヤニはインディカ米なのがポイント高いです。鉄板の上に載ったアツアツが出てきて、美味しいです。砕いたゆで玉子も入っていて、まろやか。

ganeshagal3.jpg
▲ビリヤニ(924円)


ganeshagal2.jpg
▲ダブルカレーのランチ(950円)。カレー1つだと750円


ganesha6.jpg
▲これはサグマトン

ガネーシャ・ガル 御茶ノ水店インド料理 / 小川町駅神保町駅新御茶ノ水駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


posted by Magic at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35755488
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック