2007年03月05日

第11回 マンダラ(インド料理)

住所:千代田区神田神保町2-17-B1
定休日:年末年始
営業時間:平日 11:00〜15:00、17:00〜23:00(L.O.22:30) 
     土日祝 11:00〜15:00、17:00〜22:00(L.O.21:30) 
ホームページ:http://www.westindia-group.com/mandala/index.php

貫禄のチキンバターマサラ
神保町が誇る、日本人好みの高級インド料理


RIMG0063.jpg
▲ここ降りていきます

☆☆神保町を代表するインド料理店
聖地神保町においても、高級店的なオーラを放つインド料理店マンダラ。
ここは恐らく、神保町エリアで最も値段の高いカレー屋です。

ランチ1155円〜、ディナーだと最低2000円程度は覚悟しましょう。

iPhone 022.jpg
▲Aランチ 1575円

すずらん通りから白山通りを渡ってすぐ左手の地下にあり、神保町駅からだとA6出口がベストです。ランチも混んでますが、夜もにぎわっています。日曜・祝日営業も始め、時間も23時までと、遅くまで営業しているのもポイント高いです。

店内の雰囲気はあまりインド料理店っぽくなく、オシャレな感じ。カラフルな布が店内を飾っているなと思ったら、どうやらインドの民族衣装サリーのようです。使われている器もインド料理屋にありがちな無機質な金属製ではなく、陶器を使っています。


☆☆名物チキンバターマサラ
看板メニューはランチにも登場する、チキンバターマサラ。
トマトの酸味の効いた、まろやかでコクのあるチキンカレーは、マンダラを象徴するようなカレーです。

iPhone 023.jpg

マンダラはインド料理店ですが、各メニューが日本人向けにアレンジされている印象を受けます。まさに北インドの宮廷料理というか、どれも濃厚な味付けで美味しいんですが、人によってはちょっとしつこいと感じるかも知れません。ディナーメニューにはギー入りのカレーもありますが、さらに油分が増すのでちょっとくどいですね。

出てくるカレーの傾向としては、全般的にきめの細かいペースト状になっていて、ナンにつけて食べるのに向いた形状になっています。ちなみにここのナンは何だかもちもちしてます。

なおコリアンダー(パクチー)が載っているので、駄目な人は最初に店員に伝えておくといいと思います。

ちなみに辛さは5段階。最上のVery×2 Hotはかなり辛いですよ。


☆☆焼き物も隙なし


iPhone 078.jpg
▲コースの焼き物。タンドリーチキン、シークカバブ、フィッシュティッカ

タンドゥール料理(焼き物)も完成度が高いですが、味付けは日本人向けかも知れません。ここのシークカバブはチキンなので、どちらかというと「スパイシーなつくね」といった感じです。タンドリーチキンも他の店と違って高級感があっていいんですが、個人的にはこの店のフィッシュティッカが大好きです。火の通し具合が絶妙でスパイスも香り高くとても美味しいんですが、値が張るので中々食べられないんですよね。

IMG_3302.jpg

☆☆マンダラ・ターリー
高級路線らしく、マンダラにはコース料理もあります。
サラダ、スープ(なぜかクラムチャウダー)、焼き物、カレー、デザートと続くフルコース。心ゆくまでインド料理を楽しめます。

iPhone 077.jpg
▲コースの前菜

iPhone 079.jpg
▲キーマカレーとチキン・ラジゼ

ターリーは基本お昼がメインなのですが、夜は夜でど迫力のターリーが用意されています。
それがマンダラ・ターリー。

mandara.jpg
▲マンダラ・ターリー(3600円)

構成は4種類のカレー
・カリフラワー・トマト・じゃがいもの野菜カレー
・シュリンプバターマサラ
・季節の野菜カレー(ナス・トマト・ピーマン)
・チキンカレー

これに、タンドリーチキンとシークカバブ、ナンとサフランライス、デザートにフルーツライタ(ヨーグルト)がつきます。

いやもう、これものすごいボリュームです。一人じゃ食べ切れません。
個々のカレーはさすがに美味しいです。ターリーは値段の割に種類が豊富なので、色々試せるのが魅力です。

余談ですが、ここのビリヤニはなぜかチャーハン風ではなく、ライスにカレーがかかったいわゆる日本のカレー状態で出てきます。理由は不明。


マンダラにはオリジナルカクテルも豊富で、ラッシーをベースにしたその名も「マンダラ」が美味しかったです。

IMG_3298.jpg
▲ラッシーのカクテル「マンダラ」

☆☆余談も豊富なマンダラ
ここのカレー、美味しんぼ24巻(ほぼ一冊丸ごとカレーの話)の表紙を飾っています。実は秋葉原のジャイヒンドにも同じ事が書いてあるんですが、ジャイヒンドのシェフが元マンダラの名物シェフのようです。

ちなみに、マンダラの近所にあるタイ料理店「メナムのほとり」「ムアン・タイ・なべ」、シンガポール料理店「マカン」(旧ムイト・ボン)は西インド会社という会社が経営する、マンダラの姉妹店です。

神保町といえば古本の町として有名ですが、古本祭りの時は毎年マンダラの前にメナムのほとりとマンダラの出店が出て、500円ぐらいでカレーが食べられます。こちらも要チェックです。

iPhone 063.jpg
▲サグチキン

IMG_3300.JPG
▲チキンのサラダ。めちゃくちゃ辛いです。

マンダラ インド料理 / 神保町駅竹橋駅九段下駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0

posted by Magic at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック