2007年02月19日

第2回 新世界菜館(中華)

住所:東京都千代田区神田神保町2−2 新世界ビル
定休日:無休(年末年始を除く)
営業時間:月〜土曜 11:00〜23:00(L.O 22:00)
     日曜・祝日11:00〜21:00(L.O 20:00)
ホームページ:http://www.sinsekai.com/

さすがは神保町?
高級中華店のまろやかカレー


shinsekai.jpg
▲特製カレーライス(900円)

カレー屋探訪第二回は、意外にも?中華料理屋です。

神保町の交差点にある、立派な中華料理店「新世界菜館」。
カレーの聖地神保町は、こんなお店でもカレーを名物にしてしまうのです。
ちなみに中国では、カレーのことを「加哩飯」と書きます。(加は口へん+加です)


さて、900円で提供されているこの「特製カレーライス」。

どちらかというとアジアンというよりは、人参タマネギが入ってとろみが効いた日本のカレーに近いんですが、やっぱり日本のものとはどこか違います。ダシがきいているっていうんでしょうか。コクがあってとても美味しいのです。

和風だとそば屋のカレーってのもカツオダシが効いてるんですが、ここのは中華だけに鶏ガラスープなんでしょうか。とても優しい味わいで、載っかっている半熟卵がさらにカレーの味をまろやかにしてくれます。ちなみに付け合わせは紅ショウガで、福神漬けよりも良いインパクトになっています。

カレーの具はポーク。この豚肉がまた美味しいんですね。中華料理はやっぱり豚肉がメインですから、材料選びにもこだわりを感じさせます。

ちなみにカレーを注文するとスープとサラダが付いてきますが、このサラダのドレッシングがまた美味しいんですね。棒々鶏ソースっていうんでしょうか。酸味の強いゴマだれで、食欲をそそります。

量も結構あるので、学生さんにもいいと思いますよ。

お店自体高級感があるので一般ピープルには入りにくいし、何となくカレーを注文する雰囲気じゃないかな〜と気後れするんですが、名物料理なので全く問題ないはずです。

まぁ、夜は知りませんが。。

ちなみにこのお店、上海蟹が有名です。
一度挑戦してみたいですけど……誰か一緒に行きません?(w

ちなみに古本祭りだか何かの時に、この店の前でカレーの屋台が出ていたことがあります。
実は私も、そこで食べた味が忘れられずに時々行くようになったクチです。

ちなみに裏メニューなのかわかりませんが、角煮・カツ・排骨を乗せたスペシャルカレーもあります。

shinsekai-pk.jpg
▲パイコーカレー

1200円。濃い味のついたカツカレーみたいなものでしょうか。美味しいですが、さすがにちょっと重いです。。

新世界菜館 上海料理 / 神保町駅九段下駅竹橋駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0

posted by Magic at 21:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新世界菜館の特製カレーライス
Excerpt: 欧風カレーづいているとはいえ、 さすがにそればかりだと飽きるので、 今回は欧風以外でちょっと趣向を変えられる珍しいカレーを。 だったらカレーから離れろというもっともな意見はこの際無視(笑) ..
Weblog: 久遠な日々
Tracked: 2007-10-08 15:48