2011年06月04日

第58回 スープカレー屋 鴻 オオドリー(スープカレー)

住所:東京都千代田区神田小川町3-10-18
営業時間:11:00〜15:30(LO 15:00)、17:00〜22:30(LO 22:00)
     日祝 11:00〜21:30(LO 21:00)
定休日:土曜

ちょっとお洒落にスープカレー
メニューも豊富なオオドリー2号店


iPhone 674.jpg
▲チキンカレーの赤

☆☆レトロとお洒落の融合?
駿河台下。神保町の大御所カレー屋「エチオピア」の隣にいきなり殴り込みをかけてきたスープカレー屋。初めて見たときは「すごい度胸だなぁ」と思いましたが、店名を見てちょっと納得したのを覚えています。「ああ、オオドリーならいけるかも?」と。

というわけで、ここは以前紹介した の2号店です。夜はレトロ居酒屋に変わり、スープカレーの提供はない鴻ですが、ランチ限定のカレーが好評だったので終日食べられるカレー専門店を出すことになったのかもしれません。

RIMG0080.jpg
▲外観

革張りの椅子など、茶色をベースにした落ち着いた雰囲気の店内はまだ新しくて綺麗。中二階のテーブル席があったりして全体的に洒落た雰囲気です。一方で、あかりがランタンだったり、壁にオオドリー・ヘップバーンの大きな写真が飾ってあったりと、本店のレトロ感も忘れずに継承しています。

☆☆二種類の味と豊富な具材
オオドリーのカレーは本店同様、二種類。豚骨ベースの黒と、鳥手羽ベースの赤からスープを選びます。具は野菜、チキン二種(煮込んだ骨付きと、炙った骨なし)、ハンバーグ、豚しゃぶ、ビーフ、ロースカツ。一通り試しましたが、どれも隙なく美味しいです。

柔らかく煮込まれた野菜やチキンもいいし、ハンバーグや豚しゃぶも完成度が高い。ビーフカレーは昔数量限定でしたが、今はあまり気にせず注文できるようです。100%国産のいい牛肉を使っているようで、ボリューム満点。口の中でとろけます。

odrbf02.jpg
▲黒のビーフカレー

「どのカレーがオススメ?」と聞かれて、「どれも美味しい」と答えられる数少ないお店です。

洒落た雰囲気ではありますが、ライスのお代わりは自由なので学生も満足。夕方はライスの代わりにブレッドも提供されます。

また、スープカレー店によくあるトッピングも豊富。
メニューには、ボイルキャベツ、パルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)、チーズミックス、ゆで春雨、豆腐、水餃子、フランクフルト、ハムカツ、鳥もも唐揚げがありました。

個人的には、水餃子やフランクフルトがスープカレーには合うような気がします。

なお、オオドリーのラッシーはその名もオッシー。カルピス風味です。
posted by Magic at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。