2011年03月11日

第57回 バンセーン(タイ料理)

住所:東京都千代田区神田駿河台3-1-1 大雅ビル5F
営業時間:11:30〜14:30 17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:祝日
ホームページ:http://www.bang-saen.com/ochanomizu.html

ちょっとお洒落に南国気分
優しい味わいのタイ料理店


iPhone 497.jpg
▲ゲンキョゥワン(グリーンカレー) 880円(ライスは250円)


☆☆お洒落なタイ料理店

今回紹介するのは、新御茶ノ水のタイ料理店、バンセーンです。
最寄りは新御茶ノ水駅のB3出口を出て道路を渡ってすぐ。神保町からだと、靖国通りを歩いて新御茶ノ水の交差点を左に入りましょう。

店内は綺麗で落ち着いた雰囲気で、広々としています。テーブルや椅子も南国風でお洒落。
OLのお客さんが多いというのも頷けます。と言っても、タイ料理は得てして女性客が多い物ですが。

☆☆豊富なタイ料理

メニューは種類が多くて充実してますが、お値段は全体的にやや高め。

iPhone 491.jpg
▲ソムタムタイ。1050円

まずはソムタムタイ。青パパイヤのサラダです。東南アジアでは、青いパパイヤを野菜感覚で食べます。ソムタムは唐辛子を効かせてとても辛いのが定番ですが、ここのソムタムはマイルドでとても食べやすいです。

iPhone 492.jpg
▲トットルアムミット。1250円。魚のすり身、海老などのフライ

続いて、トットルアムミット(揚げ物もりあわせ)。タイ料理はこんな風に魚介類のすり身で作った薩摩揚げ風の揚げ物が多いのですが、こういう風に複数種類の盛り合わせを出してくれる店は珍しいです。少しずつ試せるのが嬉しい。


☆☆マイルドなタイカレー

今回、カレーは二種類注文。

iPhone 493.jpg
▲ホーモック・タレー 1350円

まずは、ホーモック・タレー(シーフードのカレー蒸し)。玉子を多めに使っています。こちらもマイルドに仕上がっていますが、ややパンチが弱いと感じました。

iPhone 498.jpg


続いて、定番のグリーンカレー。具もオーソドックスに、チキンとナスとタケノコがメインです。グリーンカレーは具だくさんで、食べでがあります。グリーンも辛さは控えめですが、こちらはしっかり味に芯が通ってる感じでした。美味しいです。

☆☆ドリンクも充実

iPhone 495.jpg
▲スパイ・クラシック

ここには、タイの名物ワインクーラー・スパイが置いてあります。クラシックとレッドの二種類がありますが、クラシックも赤いです。レッドは確か赤ワインベースだったと思います。甘いカクテルでとても飲みやすいので、女性にお勧め。

ビールもシンハー、チャーンと定番が揃っています。

水道橋や根津にも系列店があるようなので、興味がある方は行ってみては如何でしょうか。
ちなみにコース料理も何種類かあって、さらにメニューは融通が効くようです。
posted by Magic at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶の水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック