2016年11月13日

第85回 北カレー (スープカレー)

住所: 東京都千代田区神田小川町3-2-1 古室ビル 2F
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜21:00
定休日:月
ホームページ:https://www.facebook.com/pages/%E5%8C%97%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC-%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E7%94%BA%E5%BA%97/291045637664146

ルー+スープ=ループ?
北海道から来た北カレー


IMG_3355.jpg

☆☆昼はカレー屋。夜は…?

本日紹介するお店は北カレー。
その名の通り北は北海道をルーツに持つお店らしく、靖国通り沿いのスポーツ用品店街にあります。
階段を上った2階にあるので注意しましょう。

扉を開くと、温厚そうな店長さんが出迎えてくれます。
ちなみに昼はスープカレー店ですが、夜は串揚げとワインのお店になるのだとか。カレーも引き続き提供しているのでご心配なく。


ただこちらのお店、夜閉まる時間が読めないのでそこは注意。
食べログ等の記載情報が古いのかもしれないですが、土曜日はたぶん8時閉店が正解かなと思います。
あと、夜は閉店前にライスがなくなりがちで、何度か夜に来てフラれてしまったのでランチに訪問するのが良いと思います。


☆☆ルー+スープのループカレー

メニューには名物のループカレー「北カレー」のほか、チキンレッグの入ったスープカレーのほか、小樽カレー(焼きカレー)もありました。
ちなみにループカレーは、ラーメンスープの手法で鶏ガラ・豚骨ベースのスープと、カレーを合わせたものらしいです。
他で聞いたことのないフレーズですが、北海道では常識なんでしょうか。

さて、北カレーの特筆すべき点は、その具だくさんぷりです。
大き目の野菜が2〜3種入った一般的なスープカレーと違い、様々な野菜がたくさん入っています。
またスープカレーといえば骨付きのチキンレッグが標準的ですが、北カレーには肉類が入っておらず、大変ヘルシー。

スープカレーは熱々で、味は確かにスープカレーより、普通のカレー寄りの味わい。スパイシーながらもどこか優しさを感じる味で、中々に美味しいです。

神保町界隈には個性的なスープカレー店がいくつかありますが、北カレーもそんなオリジナリティ溢れるお店の一つ。

是非早めの時間に訪問してみてください。
posted by Magic at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

神田カレーグランプリ2016 本戦

11/5(土)・6(日)に、毎年恒例の小川町公園でカレーグランプリの本戦が開催されました。
私は今年、二日目の11/6に訪問してきました。

grandprix.jpg

11時の開演からまもなくですが、好天に恵まれたのもあって、すでに盛況。まだこの時間帯はそれほど並ばずに済んだので、駆け足で4皿ほど食べてみました。

カレー1皿につき投票券が1枚もらえるので、気に入ったお店に好きな枚数だけ投票するという仕組みになっています。

beppin.jpg
べっぴん舎。三種のカレーと、追加のタンドリーチキンです。 3つとも美味しかったですが、特に気になっていた海老カレーを食べられて良かった。海老の出汁がしっかり出てます。

spicebox.jpg
スパイスボックス。ケララチキンカレーとスパイシーチキン。短期間で、東京都内のインド料理店で食べログ1位になったというのをPRしていました。ちょっと塩気が足りないと感じましたが、バッチリ美味しかったです。

ale.jpg
カリーラバーエール。「カレーが進む生ビール」との触れ込みの、アンバーエール。黒ビールっぽいコクの強さが特徴です。

siribaraji.jpg
シリバラジ。チキンと魚カレーの二種盛り。 ライスの他にパラタも選べ、スタンダードな南インドスタイルでの提供は参加店唯一。特に魚カレーが美味しい。白身魚の火の通り具合も絶妙です。

caiman.jpg
caiman table(カイマンテーブル)。有機野菜のカレー。サラッとしてますが、フォンの効いた欧風カレーです。中々美味しかったですが、スタンプラリーで出てきたビーフカレーの方がお客さんの掴みは良かったと思います。

なお、17時過ぎから公開されたグランプリの結果は以下の通りです。

【グランプリ】100時間カレー B&R 神田店
【準グランプリ】お茶の水、大勝軒
【第3位】ジャンカレー
【神田カレーマイスター賞】カリー&ワヰン ビストロべっぴん舍


100時間カレーは2回ぶり2度目の優勝。強いですね。確かに行列が長かったです。

2位の大勝軒は確かカレーはスタンプラリー期間のみの限定販売だったと思いますが、これを受けて延長もしくはレギュラーメニュー化もあるんでしょうか。

3位のジャンカレーですが、実は私、たまたま東陽町のジャンカレーで見つけたガイドブックで今回のスタンプラリーの存在を知ったという経緯があったのですが、3位につけるとは驚きました。確かにあの角煮カレーはキャッチーかもしれません。

全体的にインド料理系が弱くて、トッピングを重視したガッツリ系に人気が集まる傾向にあるんでしょうかね。

1位〜3位をチェーン店(暖簾分けも含む)が独占という結果については思うところもありますが、各店舗の頑張りも十分に伝わって来ていました。予選を含めてみんなが納得の仕組みというのは根気よく模索していくしかないのかなとも思います。

そんな中、開店2ヶ月という短期間でマイスター賞を獲得したべっぴん舎の健闘は輝いていたと思います。来年も是非とも頑張ってもらいたいところです。
posted by Magic at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第30回 ムガール・マハール(インド料理)

住所:東京都千代田区神田錦町3−14
定休日:日曜・祝日
営業時間:平日 11:30〜15:00、17:00〜22:00(L.O.21:00)
     土曜 11:30〜15:00
ホームページ:http://mugal-mahal.jp/

コストパフォーマンス最強!?
場所を変え営業を続ける古参インド料理店


IMG_3345.jpg

☆☆ムガール・マハール復活

今回紹介するのは、インド料理のムガール・マハールです。

以前は猿楽町のあたり、メーヤウとカーマの間ぐらいにあったんですが、その後小川町の地下に移転。その後一時は店を閉じますが、道を渡った現在の場所に復活したお店です。

仮店舗のまま正式営業に変わったという経緯もあり、簡易的なテーブル席のみ20席ほどですが、元々地下だった頃よりも入りやすくなっています。

☆☆コスパの高いインド料理

店構えは変わりましたが、カレーは依然と変わらずどれも美味しいです。上にのった生姜がアクセントになっています。それぞれ味わいが異なるカレーを組み合わせていて、バランスの良さが際だっている印象です。

写真はディナータイムのBセットで、2種類のカレーとタンドリーチキン、シークカバブがセットになり、ドリンクまで付いて1,400円。1000〜1200円のランチに比べて少し豪華になる分、ディナータイムは少しだけ高いのですが、ほぼ同じ価格帯。恐らく夜のコストパフォーマンスは神保町のインド料理店でも屈指でしょう。

メニューはチキンカレーとキーマカレーの他、日替わりで3種類ほどのカレーが提供されます。

面白いのは、インド料理店なのに日によっては普通のポークカレーが提供される点。ゴアなど一部の地域を除き、ヒンドゥー教徒の多いインドでは牛だけでなく豚もほとんど食べないのですが、こちらでは普通の北インドのカレーに合わせてポークが食べられます。他にもホタテなどの貝を使ったカレーが出されることもあり、ちょっとした発見もあるお店です。

ムガール・マハール インド料理 / 神保町駅小川町駅新御茶ノ水駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


posted by Magic at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする