2016年10月25日

第84回 スパイスボックス(インド料理)

住所: 東京都千代田区内神田1-15-12第二斉木ビル1F
営業時間:11:30〜14:00(LO 13:45)、17:30〜22:00(LO 21:30)
定休日:日祝

待望の南インド料理店は
都内屈指のクオリティ


IMG_3343.jpg

☆☆珍しい南インド料理店

日本にあるインド料理店は大きく、濃厚なカレーにナンを合わせ、タンドール料理を提供する北インド料理と、さらさらでよりスパイスの強いカレーに主にライスを合わせ、クレープ状のドーサなどを出す南インド料理に分かれます。主流なのは北インド料理店ですが、ここ数年で南インド料理も注目を集め、広まってきました。

元々カレー屋が集中している割には、インド料理店自体がそれほど多くなかった神保町界隈ですが、南インドのお店は中々出店されませんでした。昔アジャンタは九段下にあったという話ですが。。

そんな中、水道橋のシリバラジに続いて、2016年の1月に内神田に誕生した南インド料理店がここスパイスボックスです。
場所は神田警察署の通り、小川町交差点の南あたりにあります。


☆☆ハイレベルのランチ

お店はカウンターとテーブル合わせて17席とそれほど広くはありません。
こちらのランチはセットで、日替わりカレーを選択すると値段が高くなるシステムになっています。
今回は辛口チキンとエビカレーを注文しました。

これが、かなりのハイクオリティ。海老カレーはしっかりカレーに海老の出汁が出ていて、濃厚。
辛口チキンカレーも絶妙なスパイスの加減で、具材のチキンも美味しいです。

カレーは日本米と本格的なカレーで食べるスタイル。押上の名店、スパイスカフェに似た印象を受けます。

IMG_3341.jpg

特筆すべきなのは選べる前菜のケララチキンサラダ。かなり辛いですが、サラダのチキンとは思えない美味しさで、メインを張っても全然おかしくないです。

都内には八重洲のダバインディアや東銀座のダルマサーガラ、御徒町のアーンドラキッチン、錦糸町のヴェヌスなど南インドの名店がひしめいていますが、間違いなくそれらに名を連ねるレベルと感じました。

近いうちにディナーも訪問したいです。
posted by Magic at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

第83回 100時間カレーB&R(欧風)

住所: 東京都千代田区内神田2-9-11 鉄鋼新聞第2ビル1F 
営業時間:平日 11:30〜15:30LO、18:00〜21:30LO
     休日 11:30〜15:30LO、18:00〜21:00LO
定休日:なし
ホームページ http://arcs-co.jp/

2014神田カレーグランプリ取得の実力店
行列ができる欧風カレー


IMG_3309.JPG

☆☆神田駅西口商店街の小さな店

今回紹介するお店は、2014年の神田カレーグランプリを獲得した、その名も100時間カレー。場所はJR神田駅西口商店街をひたすら進んだ左手です。ここには時間帯を問わずお客さんがよく入っており、並ぶこともしばしばです。

100時間カレーは武蔵小山店を本店としたチェーン展開をしており、神田店は3号店になるようです。
公式サイトの http://arcs-co.jp/info/index.html にカレー作りの工程が解説されていますが、この全ての工程が100時間かかるということでしょうか。

こちらの神田店はかなり狭く、10人も入れないと思われます。入り口の券売機で前払いする形式で、カレーとトッピング、辛さなどが選択できます。


☆☆黒毛和牛を使った濃厚な欧風カレー

欧風カレーを謳っているので、ここは基本に忠実にビーフカレーを注文。
これが予想外にというか、欧風カレーとしての完成度が高い。

カレー自体に黒毛和牛を使っているとのことですが、具のビーフもとても柔らかく煮込まれており、濃厚で黒い欧風カレーによくマッチしています。

正直なところ、チェーン店と侮っていたところもあるのですが、驚きました。100時間かけて作れば必ずしも美味しくなるのかは定かではないですが、しっかりとその成果は出ています。

何しろ店内が狭いのが難点ですが、牛カツやアボカドなどトッピングの種類も豊富なので、色々試せるカレー屋さんだと思います。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

第82回 一茶一会(カフェ)

住所: 東京都千代田区神田小川町3-24
営業時間:11:30〜17:00
定休日:日祝

溢れ出るお茶へのこだわり
おしゃれ茶カフェの本格カレー


IMG_3294.jpg

☆☆お茶推しのカフェ

一茶一会。いっさいちえなのか、いっちゃいえいえなのか個人的に長年の謎でしたが、「いっちゃいちえ」が正しいようです。その名の通りお茶メインのカフェで、場所は靖国通りのスポーツ用品専門店街の裏、小川広場の目の前です。

先にレジで注文・先払いのシステムで、カレーは印度カレー、トマトバターチキン、ドライがありました。店名にもあるようにお茶に力を入れていて、種類がとても多いです。1000円でカレーとお茶のセットにすることができます。

店内の壁やカウンターには急須や茶葉が飾られ、お茶の種類や紅茶の等級区分の解説なんかもあって、見てるだけで飽きません。このお店のお茶へのこだわりを感じさせてくれます。


☆☆まさかの本格カレー

今回は、印度カレーとドライカレーを注文してみました。

IMG_3293.jpg

まずは印度カレー。これがとにかくスパイスの薫り高くて、本格的。正直、想定外のおいしさに驚きました。マニアもうなる逸品といえます。

IMG_3292.jpg

ドライカレーもひき肉がぎっしり凝縮されていて、これはたぶん誰が食べてもおいしいと感じる味だと思います。こちらもお勧めです。

カレーはなくなり次第終了のため、タイミング次第では品切れのことも。できるだけ早めに訪れたいお店ですね。

それにしてもヒナタヤしかり、神保町周辺のカフェカレーのレベルの高さ、恐るべしです。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

第81回 ユニーク(インド・ネパール料理)

住所: 東京都千代田区神田神保町1−2−6 2階、3階
営業時間:11:00〜17:00(L.O.16:30)、17:00〜23:00 (L.O.22:30)
ホームページ:http://indian-nepali-restaurant-unique.com/

意外な場所に出店
スタンダードでリーズナブルなインド・ネパール料理


IMG_3290.jpg

☆☆2階のインド料理店
今回紹介するユニーク。場所はちょっとわかりにくい場所にあります。うどんの丸香の向かい、焼肉のさがみやの脇にある階段を上がった2階にあります。神保町駅からだと、A5出口が近いでしょう。

店内はコンパクトにまとまっており、小さめのテーブルがいくつか並んでいます。ちょっとごチャットした感じがアジア感を演出。もとは家系ラーメンのお店だったのを改装したようです。

☆☆スタンダードなインド・ネパール料理

店名はユニークですが、インド料理店としてはスタンダードなメニュー構成です。カレー激戦区にしては、意外と普通のインド料理屋が少ないので、むしろありでしょう。

何種類かあるセットメニューから、グラスワインのついたディナーセット1900円をチョイス。
タンドリーチキン、チキンティッカ、シークカバブがついてきて、メニューから選べる2種類のカレー。これはこの近辺では破格のコストパフォーマンスでしょう。

IMG_3289.jpg

それでいて、タンドール料理も火の通り具合がほどよく、カレーも濃厚でどれも美味しい。

メニューには、他にも「お子様セット」なんかもあるようで、さらには出前も受け付けているようです。ネパール人の店員さんの接客も親切で、お客さんに対するサービスは間違いなくユニークだと感じました。
posted by Magic at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

第80回 勝ちゃん(牛かつ)

住所: 東京都千代田区神田神保町1-8 FUJIビル 1F
営業時間:平日 11:00〜15:50(LO:15:30)、17:00〜22:30(LO:22:10)
     土 11:00〜15:00
定休日:日祝

本業でないからと侮るなかれ
牛かつ屋の特製ビーフカレー


IMG_3286.jpg

☆☆神保町の牛かつ屋

最近神保町界隈にも、とみに増えてきた牛かつ屋。もともとビーフカツ(ビフカツ)は関西地方の専売特許だったと思うんですが、「牛カツ」の名のもとにここ数年東京でも相次いで出店が続いているそうです。

勝ちゃんはそんな牛かつ専門店の1店で、神保町駅A5出口を出てすぐの場所にあります。
こちらは入り口で食券を購入する形式で、間口はあまり広くないですが奥の方に席が続いています。定食で1000円を割り込むリーズナブルさで、いつもお客さんでにぎわっています。

☆☆絶品のメンチカツカレー

このお店、もちろん牛かつ屋なのですが、カレーも名物の一つ。基本はビーフカレーで、食券の自販機にはメンチカツカレーもあります。牛かつカレーというのはないのですが、牛かつは1枚単位(380円)で追加ができるようです。

今回はメンチカツカレーを注文。具だくさんの大盛ビーフカレーにこれまた大きなメンチカツ。中々のボリュームです。

真っ黒なカレーソースは辛みが効いていて、かつコクがあってきっちりおいしい。これは本気を感じます。そして具材のビーフは、さすが牛かつ専門店、牛の味がしっかりしていて、食べ出がありとてもおいしいです。

トッピングのメンチカツも揚げが絶妙で、ポイント高いです。メンチカツカレーとして、この上を行くのは中々難しいのではないかと感じました。正直なところ、食べる前はそこまで期待していなかったので、ちょっと驚きました。

カレー屋さんじゃないから大したことないんでしょ?と思うカレー好きにこそ、一度食べてもらいたいカレーの一つです。
posted by Magic at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

第79回 ビアレストラン かまくら橋(ビアホール)

住所: 東京都千代田区内神田2−2−1 鎌倉河岸ビル1階
営業時間:平日 11:00-14:00、17:00-22:00
定休日:土日祝(予約営業)

神田かまくら橋のビアホール
昼夜提供の名物カレー


IMG_3284.jpg

☆☆かまくら橋のビアホール

カレーグランプリのスタンプラリーで訪れたお店です。
ちょっと神保町からは離れていますね。店名にもなっている鎌倉橋の近くで、小川町の南、JR神田駅西口から南西方面、地下鉄大手町の北と、様々な駅からアクセス可能です。

店内はテーブルが50席ほど並んでおり、昼は洋食ランチ、夜はビールのおつまみとしてハンバーグやエビフライなどの洋食が楽しめまるビアレストラン。神保町のランチョンと似た雰囲気です。

ビアレストランだけあって、ドラフトのギネスやハードシードルなど、ドリンクが充実しています。

☆☆丁寧な仕上がりの3種のカレー

訪問したのは夜。エビフライやハンバーグなどでひとしきりお酒をいただいた後、締めのカレーとあいなりました。

IMG_3283.jpg
▲ハンバーグもおいしい

カレーはビーフ、チキン、ポークから選択。今回はポークをいただきました。ライスの真ん中にカレーがかかっていて、さらに器に別盛りとなっております。夢民式のちょっと贅沢な盛り方ですね。

とはいえ見た目普通っぽいのですが、一口食べてびっくり。あらおいしい。いい豚です。

とろける豚肉だけでなく野菜もごろごろ入った具だくさんの欧風カレーは奇をてらわず、どこか昔懐かしいながらも丁寧な作りです。これは正直また食べに来たいと思わせる味でした。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

第78回 お茶の水大勝軒(ラーメン店)

住所: 東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル 2F
営業時間:11:00〜22:00
定休日:月
ホームページ http://www.taisho-ken.tokyo/

老舗ラーメン店の継承店で食べる
復刻版カレー


IMG_3282.jpg

☆☆昔ながらの味を守る大勝軒

今回ご紹介するのは、靖国通り沿いのラーメン店、大勝軒です。

ここお茶の水店は大勝軒の中でも比較的新しいのですが、創業者である故山岸一雄氏の正当な継承者を自認するお店です。お店の特徴は何といっても、15時から提供される復刻版(大勝軒クラシック)メニュー。かつて東池袋の本店で提供されていたものの、消えてしまったメニューを復活させた料理が食べられます。

今回期間限定で提供されているカレーもその一品で、40年ぶりの復活とのこと。2016年8月23日〜11月30日のカレーグランプリスタンプラリーの期間に合わせた提供ですね。

☆☆期間限定中華風カレー

期間限定のカレーは、やや小さめに切られた豚肉・ニンジン・玉ねぎ・ジャガイモがたくさん入った昔懐かしいタイプのカレーで、甘味が前面に出てきます。スプーン1さじに、いろんな具が載ってくるのが嬉しいですね。

どこか新世界菜館のカレーにも似た印象なのは、中華スープがベースになっているからでしょうか。出汁を効かせた味わいは、蕎麦屋のカレーにも通じるものがあります。

IMG_3281.jpg
▲チャーシューメン
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

第77回 AKL あから〜カレーなる酒場〜 (オリジナル)

住所: 千代田区神田司町2-10-19 1F
営業時間:平日 11:30〜14:00、17:00〜21:00
定休日:土日祝

カレー屋?居酒屋?
不思議トッピングのキーマカレーボウル


IMG_3280.jpg

☆☆カウンターのお店

今回ご紹介するお店はAKL。「あから」と読みます。
場所は、地下鉄淡路町駅から、少し南に入って靖国通りに並行する道沿い。
カウンターのみで、昼はカレーボウル専門店、夜は居酒屋になるお店です。かなり狭いので、入店のタイミングには気を付けましょう。
ちなみに、カレーの提供は夜の居酒屋タイムもやっていますが、ライスは基本的にはつかないようです。(ライスがあればタイミング次第で出してもらえる模様)

こちらのカレーはちょっと変わった注文方式で、ベースのキーマカレーボウルに、トッピングを選んでいくスタイル。豆腐、納豆、クリームチーズなど、あまりほかのお店では見かけない品々が並びます。


☆☆世にも珍しい「とうふのカレー」

やはり豆腐が珍しいので、注文してみました。
こちらは、創業100年以上を誇る神田の老舗「越後屋」の豆腐が使われているとのことです。

登場したのは、これまたステンレスのボウルに入ったカレー。
さほど辛みは強くないですが、スパイスの効いた味わいのあるキーマカレーです。豚肉を使用しているので、インド料理店で食べられる羊や鶏のキーマカレーとはまたちょっと違った、ひき肉タイプのドライカレーに近い感じですね。

大量に散りばめられた豆腐がまろやかで、思いのほかカレーに合います。

ベースはすべて同じキーマカレーですが、トッピング次第でかなり印象が変わると思います。納豆も評判がいいようなので、一度試してみたいですね。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

第76回 いわま餃子 (オリジナル)

ホームページ http://www.iwama-gyouza.com/
住所: 東京都千代田区三崎町3-1-1
営業時間:月〜金 11:30〜23:00 (22:30L.O)
土 11:30〜15:00 (14:30L.O)
定休日:日・祝

IMG_3270.jpg

餃子屋?ケバブ屋?
カオスなお店のボリュームカレー


☆☆とにかくカオスなお店

今回紹介するいわま餃子は、とにかく不思議なお店です。

店名から察するに餃子専門店かと思いたどり着いたのは、ど派手な外装の何専門店なのかわからないお店。そして店先に鎮座するのは、最近あちこちでみかけるようになったドネルケバブの回転台。店内に入って広げたメニューはケバブ押し。しかしよく見ると、ちゃんと餃子は置いてある模様。そしてカレーも。ちょっと安心。

ちなみに調べてみると、ケバブの伝道師ハミちゃんというマッチョなイラン人スタッフがいて、腕相撲で勝つと1週間ケバブが無料になるという企画をやっていたようです。

なお現在は餃子・トルコ料理・ペルシャ料理・カレーという布陣になっています。カオス!

☆☆全部入りの圧倒的ボリューム

今回注文したのは、餃子がついてくるカレーセット。せっかくなので、カレーをケバブカレーにしてもらいました。ケバブがどっさり載ったカレー、餃子6個、サラダ、味噌汁、これで1000円。ものすごいコスパです。

載っているケバブはチキンでした。カレーは店の雰囲気から想像していたよりもサラサラしていて、あっさり目。これが大量のケバブといい組み合わせになってます。

お店の看板メニュー「よしこおばあちゃんから受け継いだ餃子」には牛肉が使われているそうです。この餃子がとてもジューシーでおいしい。私も餃子はあちこちで食べていますが、かなりのレベルだと思いました。

はじめお店の雰囲気には圧倒されますが、実際に食べてみると印象が変わる不思議な場所です。まだまだその深淵にたどり着いていないような気がするので、再訪してみたいと思います。
posted by Magic at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第20回 ガンディーマハル (インド料理)

住所:千代田区神田小川町1-10 ホサカビル2F
定休日:年末年始
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00

IMG_3268.jpg

ビルの2階のインド宮廷
ガンジーの家は夜がオススメ


☆☆新御茶ノ水のインド料理店

今回紹介するのは、地下鉄新御茶ノ水駅の近くにあるガンディーマハルです。

場所は小川町の交差点から坂を登っていった右側のビルの2階で、エレベーターを使う必要があるのでちょっと入りにくいかもしれません。新御茶ノ水駅からだとB3出口からすぐです。年末年始以外は無休なのが嬉しいです。

店内はインド宮廷のような内装は薄紅の煉瓦色で統一され、中々凝っています。ちなみに店名は、ガンディーの家という意味なのだそうです。

☆☆濃厚なインドカレー

こちらのカレーは全体的にグレービーを感じるというか、とても濃厚で、日本人好みだと思います。具材もしっかりしていて、本気を感じました。
また、ガンディーマハルのナンは厚みがあって香ばしく、サクサク行けて美味しいです。

IMG_3267.jpg
▲ランチのタンドリーチキン(別注文)

この店はランチもなかなか盛況なのですが、どちらかというと夜の方がお勧めです。

実はディナーはオーダーバイキングもやっています。カレーだけでなく焼き物やサモサも含めてお代わりが自由で、かなりコスパがいいです。

gandimahal2.jpg
gandimahal3.jpg
gandimahal4.jpg

▲オーダーバイキング2500円

2016.9 追記・更新

ガンディーマハル インドカレー / 小川町駅新御茶ノ水駅淡路町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by Magic at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小川町・淡路町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする