2011年07月15日

第61回 ハングリー味川(オリジナル)

住所:東京都千代田区三崎町2-17-8
営業時間:10:00〜19:00
定休日:日・祝

水道橋の古き良き名店
パフォーマンス必見の鉄板焼きカレー


ajikawa.jpg

☆☆古くて小さなたたずまい

今日は水道橋まで足を伸ばしてみましょう。
場所はちょっと分かりにくいのですが、JR水道橋西口を出て左に出て、最初の道を左折してください。右手にあります。神保町からだと結構歩くかもしれません。

店構えは小さくて古く、お世辞にも綺麗とは言えません。
しかし裏を返せば激戦区水道橋で長く続いている老舗ということで、期待ができます。

店内はカウンターのみで8席。
木をベースにした、店の外面に違わず古くて渋い店構えです。

メニューは割と豊富で、玉子、キノコ、ナス、チキン、ポーク、ハンバーグ、ビーフ。
価格帯はこの辺では比較的お安く、500円〜680円です。

☆☆マスターのパフォーマンス

ここの名物はハンバーグカレー。

注文すると、ここがただのスタンドカレーではないことを思い知らされます。

マスターはおもむろにハンバーグの種を取り出すと足を開いて腰を落とし、正面を向いて両手でパンパンパンパンとリズミカルにハンバーグを整形していきました。……やべえ。楽しい。見てて飽きません。

挽肉をおなじみのハンバーグ型に変形すると、今度はそのパテを目の前の鉄板に押しつけ、フタをしてじっくり焼き上げます。
そう。ここ、スタンドカレー屋にもかかわらず、キッチンにステーキ屋のような大きな鉄板があるのです。
ハンバーグは焼いている途中でフタを取ってワイン?をかけたりと、かなり本格的。
しばらくして、かなり大判のハンバーグができあがりました。

キノコやナスなども鉄板で焼いてくれるので、やはりここは古き良きカレー屋というよりは「鉄板焼きカレー」がコンセプトなんでしょうか。他で見たことがありません。


☆☆ハンバーグカレー

ラグビーボール型によそわれたライスにかかった黒いカレーは、とろみが強いタイプ。よく煮込まれた感じの、クセのないマイルドなカレーでした。付け合わせに生野菜が載っています。
カレー自体の味にそれほど特徴は無く、辛さは自分で調整します。

目の前で気合い入れて調理されたでっかいハンバーグは、味付けもしっかりで、さすがに美味しい。チェーン店やファミレスのハンバーグカレーのハンバーグなんて、大抵はレンジでチンして終わりなので、比べるまでもないですけど。

お客さんもほとんどがハンバーグカレーを注文していました。

いやもう、マスターのハンバーグパフォーマンス、必見です。
posted by Magic at 02:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。