2010年06月20日

第51回 ヒマラヤ (ネパール料理)

閉店してました



住所:東京都千代田区神田神保町1-16 武藤ビルB1
定休日:日祝
営業時間:11:00〜15:30、17:00〜23:00(L.O.22:00) 

駅から近い地下の隠れ家
豊富なメニューのネパール料理店



☆☆変わった雰囲気の隠れ家的ネパール料理店

ヒマラヤは共栄堂の裏側の地下にある、ちょっと隠れ家的なネパール料理屋。
壁紙は店名にもなっているヒマラヤ山脈が描かれていて、ちょっと洞窟みたいな雰囲気のお店です。

ネパール料理屋ということですが、メニュー構成は普通のインド料理屋にちょっと似ています。
ランチメニューが充実していて、650円のカレーライスから1000円のネパーリランチセットまで幅広いニーズに応えてくれます。

☆☆ネパールのターリーダルバート

himaraya.jpg

何といってもネパール料理のお店なので、1000円のネパーリランチが気になるところです。

ネパーリランチは、ネパールの定番料理ダルバート。ダルは豆スープ、バートはご飯という意味で、それにタルカリ(おかず)、アチャル(漬け物)をあしらった定食のようなセット料理。ヒマラヤのランチには、他にサグ(葉物)、マトン(羊)、サラダ、デザートを添えてくれます。ちなみにナンは付きません。ネパールなので。

タルカリはおかず的なニュアンスですが、カレー的なものが多いようで、今回はトマトのカレーでした。サグはほうれん草の炒め物、それに冷たいジャガイモ、アチャールはスパイシーな大根の漬け物です。

食べてみるとこれがかなりしっくり来ます。味付けや構成が日本人向けというか、塩気の効いたアチャルといい、優しい味付けの野菜カレーといい、ドライカレー風のマトンの炒め物といい、何だか落ち着くんですよね。野菜が多いので健康になった気持ちになれます。

ネパールのカレーはインドよりも豆をふんだんに使うため、マイルドな味わいになる傾向があるようです。人によってはちょっとぼけた味に感じるかも知れません。


☆☆インドカレーも充実

himaraya02.jpg

写真はチキンカレーセット800円。見た目はそうでもなさそうですが、割とボリュームがあります。

こちらも優しい味で、カレーを辛めにしてもらいましたがそれでもほのかに甘味が残ります。

デザートのフルーツライタがちょっと緩めかな。

ちなみにここのランチ、レディースセットが一番豪華です。
男性でも注文できるんでしょうか。

ヒマラヤ インド料理 / 神保町駅新御茶ノ水駅九段下駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by Magic at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする