2009年06月22日

第45回 ゴーゴーカレーお茶の水店(スタンド)

住所:東京都千代田区神田駿河台2-1-17 お茶の水SIAビル1F
定休日:無休
営業時間:10:55〜22:55
ホームページ:http://www.gogocurry.com/


松井大好き!金沢カレーの火付け役
大食漢はメジャーカレーで決まり!


gogo.jpg


☆☆ 駿河台の頂にできた松井大好き石川カレー

神保町から駿河台を上って、お茶の水橋の手前を左に入ってすぐにあるスタンド系カレー店。というか、JRお茶の水駅からすぐの場所にあります。

カウンター席のみの店内は明るく、延々と流れる松井秀喜とゴーゴーカレーののテーマソングが特徴的。というかだんだんうんざりしてきますが……w

というわけで、今回紹介するのはゴーゴーカレーです。

石川県が発祥らしく、東京では最初は新宿にありましたが徐々に店舗を増やしている元気のあるカレーチェーン。とにかくパワーあふれるお店です。
とにかく地元を代表する英雄・松井秀喜にこだわっていて、店名も松井選手の背番号55にちなんでいます。さらには、カレーは自社工場で5時間かけて55の行程を経て作られ、5時間冷やして55時間寝かせて各店舗に送られるそうです。54時間じゃダメなのかは不明。


☆☆ 個性あふれるメニュー構成

入り口には券売機があり、量に応じてヘルシークラス、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスに分かれています。ちなみにOPENから5:55までは「ゴーゴータイム」と称して、カツカレーが100円安くなる模様w

ロースカツ、ウィンナー、エビフライ、チキンカツ、ゆで卵のトッピングがありますが、この店の名物メニューは全てを合体させた「メジャーカレー」。こんなに載ってなんと1000円という圧倒的なコストパフォーマンスです。(原価率は40%らしい……)さらに総重量2.5kgのバカ盛り「メジャーカレー・ワールドチャンピオンクラス」もあるとか……

さて読むだけで満腹になるメニュー紹介はこれぐらいにしておいて、実際のカレーの紹介をしましょう。

写真はロースカツカレー。
金沢カレーの特徴は、端っこに載っているキャベツらしいです。ちなみにキャベツはおかわり自由。揚げ物といえばキャベツということなのか、トッピングが揚げ三昧なこのお店にはまさにぴったりの付け合わせでしょう。

☆☆ フォークで食べるねっとりカレー

ゴーゴーカレーの変わった風習として、カレーをフォークで食べるというのがあります。初めて食べたときは出し忘れられたのかと思ったんですが、何回来てもフォークしか出てこないので仕様なのでしょう。トッピングをしなければスプーンが出てくるらしいですが。。

さてカレーですが、とにかく濃厚です。ドロドロというよりはネバネバ? 粘度を感じるぐらいで、フォークの隙間からカレーがしたたり落ちたりはしません。味も見た目に劣らず濃厚。コクがあって甘めで、スパイシーさは求められませんが、ココ壱に比べても個性があって美味しいと思います。専用の「ゴーゴーファーム」で作られるという米もほどよく固めに炊けていていい感じ。

上に載ったロースカツはなかなか肉厚。値段を考えるとこのカツはかなりお買い得だと思います。このカツカレー、確か昔『日経トレンディ』のカツカレーランキング(スタンド系対象)で一位になったはず。


☆☆ 男ならガツンといってみよう

ボリューム勝負のラインナップはどう見てもハイカロリーで、決してヘルシーとは言い難いですが、それでも男を魅了するパワーと客を元気をしたいという意気込みを感じます。学生、大食漢にオススメのお店ですが、味もいいので女性にも勇気を出して入ってみてもらいたいですね。

ゴーゴーカレー お茶の水駅前店カレー / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by Magic at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶の水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。